2015年07月29日

まもなく全国鳥類繁殖分布調査 調査地登録がスタート

bba.jpg


2016年からスタートし,2020年までに全国の鳥類の繁殖分布図を完成させる「全国鳥類繁殖分布調査」。8/1から現地調査の調査地登録がスタートします。

全国の皆さんの協力なしには成功させられない調査ですので,ぜひ調査へご参加ください。また,まわりの興味のありそうな方への宣伝もお願いします。概要のPDFファイルはこちら

1.まず「繁殖分布調査」の参加登録をしてください.以下のホームページより登録できます。
https://db3.bird-research.jp/~birdatlas/volunteer.html

2.調査地登録サイトがオープンする8月1日に,事務局から調査地登録のためのWEBページのURLが送られてきます.

3.お知らせしたWEBページに掲載された地図から,調査コースの位置を知ることができます.その中から調査可能な調査コースをクリックしていただき,出てくるメニューから「調査地の登録」をクリックしてください.フォームから調査地登録することができます。


調査の方法
 全国各地に設定されている2,300の調査ルートを調査します.調査ルートは約3km.そこを繁殖期に1回歩き,生息している鳥の種と数,繁殖ランクを記録します.また,ルートには2つの定点が設定されていて,そこでは30分の定点調査を実施します.その他,普段の観察の情報などをアンケート調査として,ご提供ください.
 調査方法の詳細は以下のページよりご覧いただけます.
 http://www.bird-atlas.jp/map.html



posted by ばーりさ at 14:07| 活動報告

2015年07月25日

7月25日中央公園調査報告

梅雨も明け、本格的な夏の到来です。
公園は朝からセミの声とハシブトガラスの声で賑やかです。

セミの抜け穴も急に増えました。
今朝は130個。
1週間で113個の増加です。

ハシブトガラスは35羽。
こちらも順調?に増加中です。
ただ、このカラスたち、7時前には公園から飛び去って行きます。
塒として使っている?
それともセミの動きが鈍い時間のみ公園を利用しているのでしょうか。

まだヒナのいるササゴイの3巣は無事でした。
ただ、1巣では4羽のうち1羽が落ちて地上で死んでいました。
この巣は小枝がない横枝のため、誤って落ちてしまったのかも。
150725_hina.jpg
(巣の下で死んでいたササゴイのヒナ)

今朝は大池にカワセミが3羽見られました。
少なくとも2羽は幼鳥でした。
7月初めに成鳥が小魚をくわえて南へ飛び去ったのが観察されています。
無事、巣立ちしたようです。
観察中、自分で小魚を捕えていました。
kawasemi_150725.jpg
(石の上で魚を狙うカワセミの幼鳥)

カワセミのすぐ近くにはササゴイの幼鳥も水面を睨んでいました。
6番のやり直し繁殖の巣の幼鳥のようです。
近くに兄弟らしい1羽も。
彼らが公園を離れるのももうすぐです。

反対側の植込みからはたどたどしいシジュウカラの囀り。
若鳥が囀っているのかもしれません。

若鳥たちの独り立ちする季節です。

参加者4名 記録種数16種 記録個体数142羽
次回は8月1日午前6時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 13:33| みにクル報告(宇都宮)

2015年07月18日

7月18日中央公園調査報告

台風の大雨の影響が気になり少し早目に公園へ。
小枝や葉が地上に散乱する公園。
でも風が弱かったせいか思ったほどでもありません。

ついに今年もカラスとセミの季節の到来です。
定期調査地のセミの抜け穴は23個。昨年の同時期より多めです。
ニイニイゼミに混じってミンミンゼミの声も聞かれました。

今朝のハシブトガラスは18羽。
ササゴイの巣の周りにも飛来し、隙をうかがう素振りも。
と、ササゴイの親鳥が猛然と突っかかっていきました。
ササゴイもやるときはやるものだと少し感心。

しかし、先日孵化したばかりのケヤキの巣が空でした。
捕食されたようです。

一方、メタセコイアの枝に新たなササゴイの巣を発見。
地上に卵殻が3個分落ちていました。
もう孵化したようです。親鳥が巣内に座っていました。

結局、今年はこれで17個目の巣です。
今年のつがい数はおそらく7つがい。
今年は捕食などで失敗が多く次々に巣造りをした結果です。

現時点での1巣あたりの巣立ちヒナ数は平均1.93羽。
2013年が2.94羽、14年が2.54羽。
年々減少傾向にあります。

150718_2sasagoi.gif
(ササゴイの巣立ちヒナ数の比較 今年は7月18日時点のヒナ数
  抱卵まで進行したすべての巣を対象とする)

ハシブトガラスは8月中旬までさらに増加します。
まだ巣内ビナの段階が4巣あります。
はたして何羽のヒナが無事巣立つのでしょうか。
心配です。

参加者4名 記録種数15種 記録個体数159羽
次回は7月25日午前6時からです。担当:BR平野
posted by ばーりさ at 11:59| みにクル報告(宇都宮)